兵庫から鹿児島へのiターン完了&ブログ始めます。

兵庫から鹿児島へのiターン完了&ブログ始めます。

こちらのブログでは初めましてとなります。Hidekiです。

2019年10月3日に兵庫県西宮市鹿児島県いちき串木野市へのiターンが無事に完了しました。

他県への引っ越しは大変な手間がかかるのですね。

正直、舐めてかかっておりました(笑)

本日から新たな発信の場としてブログを開設します。

僕の人生において、かれこれ何回目のブログ開設でしょうか?
(10から後は数えないようにしています。)

こちらのブログは

僕の好きなことを形として残しながら発信して共有したい

と、いう思いで開設しました。

読んでいただいた方に

僕が何気なく発信した好きなことを通じて良い刺激を与えること

が、できればとても嬉しいです。

初投稿なので自己紹介を交えながらになりますが、今回のブログ目次です。

 

1.Hidekiのプロフィール

僕は兵庫県西宮市で生まれ育ちました。

趣味はカメラ・ロードバイク・ボクシング・カラオケ・ゲーム・インターネットです。

中学生の時にインターネットにドハマリして

「普通に生活していたら赤の他人同士なのに、人と人が繋がるインターネットって面白い」

と思い、社会人になってからインターネットに携わる仕事をしていました。

今、生活している地域の鹿児島県いちき串木野市は両親が生まれ育った故郷です。

両親は近畿地方を転々としており、両親が兵庫県西宮市にいた時に僕は生まれました。

「大阪・神戸にアクセスが良い都会で便利な兵庫県西宮市からYouは何しに田舎地方に?」

と、よく質問を投げられるので回答は次の事項で答えますね。

 

僕の好きな趣味たち

2.都会から田舎にiターンした理由

僕がiターンした理由はずばり

「家族との時間を大切にしながら僕のやりたいことをやりたい」

からです。その理由に至った経緯を説明します。

2016年、両親は西宮を離れて故郷の鹿児島へ隠居。

僕は仕事・友人との時間を優先したかったので、生まれ育った地元の西宮に残ります。

仕事をしながら休日は趣味のカメラ・ロードバイク・ボクシング・友人との時間を楽しみ、たまに両親が西宮へ来た時には一緒に過ごすことでバランスを取っていました。

まさに、こんな感じですね。

そんな僕の中でのバランスが大きく崩れる出来事が起こります。

2018年、母から届いた1通のメールが僕に衝撃を与えました。

「父さんが検診を受けたら、下咽頭がんと言われました。初期なので、10日間で退院できるようです。明日、手術です。また連絡します。」

 

 

「え?なんで手術1日前に言うん?」

と率直に思いましたが、僕に心配をかけまいとした気遣いなんだろうなぁとすぐに察して黙っておきました。

父の手術は無事に成功。

自宅療養をしながら元気に過ごしている連絡を聞いて安心した一方で、僕の中でのバランスが綺麗に崩壊しました。

 

僕自身がビックリするほどの大暴騰でした。

「僕は長男にも関わらず、両親と離れている状態で仕事・生活し続けることを後悔しないか?」

何度も僕自身に問いかけて、僕の本心を見つめ直している最中で友人からの一言が決定打となりました。

「仕事でHidekiくんの代わりはいくらでもおるやろうけど、お父さんやお母さんにとってHidekiくんの代わりはおらんのちゃうん?」

「なるほど」

「僕のことをよく理解してくれている友人からの言葉はやっぱり凄い」

「いつもヘラヘラしてるけどたまには良いこと言うんだな(失礼)」

と、様々なことを思いながらも意思は決定。

僕は鹿児島へのiターンを決心し、まずは職場の上司に退職意思を伝えることになるのでした。

3.iターンを決めて周りからの反応は?

退職を上司に伝えることは僕にとって勇気のいる告白でした。

なぜなら、2019年10月から上司は産休・育休に入る予定だったからです。

「上司が産休に入るから、古株の僕がチームの皆と協力して乗り越えていかなくてはいけない大切な時期。

その大切な時期に退職を告げるだなんて」

と、僕のわがままを申し訳なく感じながら上司に伝えたのですが、上司からの反応はとても予想外なものでした。

「Hidekiくん、色々と大変やったんやね。

Hidekiくんと離れるのは寂しいけど、やりたいこと・わがままが聞けて私は嬉しいし、本当に良かった。

Hidekiくんの代わりは探すし、チームや会社のことは何とかなるから家族との時間を大切にしてね。」

と、とても心温まる後押しをくださったのです。

周りの友人も

・寂しくなるけど、応援してる

・素晴らしい決断

・あなたならどこへ行ってもきっと上手くいく

・今後の不安もあるだろうけど家族を思う気持ち、素晴らしく思う

・わだかまりのない生き方を選ぶHidekiくんを尊敬します

と、嬉しくて励まされる言葉をたくさんくれました。

そして送別会をたくさん開いてくださり、贈り物もいただきました。

 

その一方で田舎にお住まいの方達からは一貫して

・アホちゃう

というお言葉をいただきました(笑)

職場の方々から頂いた贈り物たち

 

兵庫県でお世話になったボクシングジム、BOXY JAPANの方々から頂いた贈り物たち

僕の愛車であるロードバイク「ラレー」がプリントされています

4.僕がiターンした先の田舎でやりたいこと

「田舎には仕事がないから都会へ出て仕事を探すもの」

と、いう概念は今も田舎に根強く残っているのです。

アホ呼ばわりされるのもうなずけます(笑)

 

僕がiターンした先の田舎でやりたいことは

「自分の好きなインターネットで田舎で食べていく」

です。

 

元々、僕はiターンと同時に田舎で仕事を探すつもりで父に話していました。

僕:「鹿児島にiターンしようと思う。人の役に立つ仕事がしたいから、田舎の企業に就職しようと思うねん」

父:「それもええけどな。どうせならこの機会に自分のやりたいこと・好きなことをやってみたらどうや?」

と、父は僕に考える時間をくれたのです。

僕の好きなこと。それはやはり、インターネットです。

田舎暮らし×インターネットで、お金を稼ぐには…と調べていると在宅ワークという選択肢が出てきました。

多くの在宅ワーカーの方々が仕事を得る・お金を稼ぐために使用しているサービスがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは

・仕事を発注したい発注者(クライアント)

・仕事を受注したい受注者(ワーカー)

両者をオンラインでマッチング・仲介するサービスです。

代表的なクラウドソーシングサイトはランサーズクラウドワークスが挙げられます。

クラウドソーシングで発注・受注できる仕事の種類は

・ライティング

・写真や動画の加工および修正

・Webデザイン、ホームページ作成

・CG作成

・翻訳通訳

など、色々とあります。

この中で僕はライティングという文章を作る仕事を勉強しながら引き受けて取り組んでいます。

まずは「ライティングの実践を通じて実績と文章作成能力を作り、短時間で稼ぐ術を身に着ける」

そして「自身のブログ作成・地元の特産品などの代行販売サイト作成の時間を作る」

というステップで、とても頼りになるコンサルタントの方のアドバイスの元、進行中です。

 

 

こちらは僕が初めて作成した、ウーバーイーツに関するプロジェクト形式のライティングです。

クライアントの方から

「ユニークな要素を入れながら概要をしっかり捉えている質の高い記事を書いていただきました。素晴らしい内容で感動しました。」

と、メッセージを頂いて本当に嬉しかったです。

5.まとめ

初投稿ということでスーパー自分語りな記事になってしまいましたが、今回の記事のまとめです。

兵庫県西宮市⇒鹿児島県いちき串木野市へiターンしたHidekiは

 

 

 

様々なことを勉強しながら、ライティングに取り組みつつ

 

時に田舎で素晴らしいコンセプトのもと、ものづくりされている方と交流を取りつつ

 

時に家族との時間を大切にしつつ

 

時に地域の方が育てられた稲刈りのお手伝いをさせてもらいつつ

 

時に下手くそなクワ捌きにより、収穫するはずだった何の罪もない「さつま芋」を切り刻んで、元気に楽しくやっています。