eマウントのレンズで迷った時におすすめ!マクロ撮影ができる単焦点レンズSEL30M35を作例付きでレビュー

eマウントのレンズで迷った時におすすめ!マクロ撮影ができる単焦点レンズSEL30M35を作例付きでレビュー

ミラーレスカメラ、一眼レフカメラで使用するeマウントのレンズをお探し中ではないでしょうか?

eマウントのレンズにも様々な種類があるため、悩まれている方も多いと思います。

僕も初めてeマウントレンズを購入する時に、

どのレンズを購入すれば良いかずいぶんと悩んでググりたおしておりました(笑)

そして、悩みぬいた末に初めて購入したeマウントレンズが、

SEL30M35

です。

SEL30M35は、結果的に購入して大正解だったと思いますし、

eマウントレンズに迷われている方に、自信を持っておすすめできるレンズです。

そこで、今回の記事は、SEL30M35の

  • 特徴
  • 良いところ
  • 悪いところ
  • あると便利なフィルターや三脚

などを実際に撮影した作例付きでレビューします。

この記事はこんな方にオススメ!

・おすすめのeマウントレンズが知りたい

・SEL30M35が気になっている

・SEL30M35の作例付きレビューが見たい

・マクロレンズが気になる

・単焦点レンズが気になる

 

今回紹介する商品
・SONY eマウント用APS-C専用「SEL30M35」

SEL30M35は、様々な場面の撮影を1本で楽しめるレンズ

SEL30M35はeマウントレンズに迷われた方におすすめのレンズ

SEL30M35は、マクロレンズとしても使用することができる単焦点レンズであるため、様々な場面で使用できます。

ミラーレスカメラや一眼レフカメラのレンズは、下の表のように様々な種類があります。

標準ズームレンズ 単焦点レンズ マクロレンズ 広角レンズ 魚眼レンズ 望遠レンズ
被写体との距離感をレンズで調節出来る ボケ感が出して撮影しやすい 虫メガネのように被写体を拡大して撮影出来る 広い範囲を写すことが出来る 魚の眼で見たように歪ませながら広い範囲を撮影することが出来る 遠くにあるものをぐっと近くに引き寄せることが出来る

SEL30M35は、被写体に寄って、マクロレンズとして使用出来ます。

さらに、風景写真やポートレートを撮影して、単焦点レンズとしても使用することが出来ます。

単焦点レンズとマクロレンズで出来る、

・ボケ感を出して撮影しやすい

・虫メガネのように被写体を拡大して撮影出来る

などの撮影がSEL30M35、1本で出来るということですね。

そのため、SEL30M35は、カメラに装着しておくことで様々なシーンの撮影を楽しめておすすめです。

SEL30M35の特徴

SEL30M35の特徴

SEL30M35の具体的な特徴は、下の表の通りで、特に注目べき特徴点は、最短撮影距離0.095mmです。

最短撮影距離 0.095m
最大撮影倍率 1.0倍
35mm判換算焦点距離 45mm
レンズ構成 6群7枚
フィルター径 φ49mm
大きさ 最大径φ62mm
質量 約138g

0.095mまで被写体に寄って撮影することができるため、花などの植物の撮影や、小物などのテーブルフォトにとても向いているのです。

また、AF(オートフォーカス)機能が付いているため、自動で被写体にピントを合わせてくれるのでとても便利です。

SEL30M35の良いところ

SEL30M35を、eマウントレンズに迷った時にオススメする理由が4つあります。

(1)被写体に寄って撮影できるため、マクロの世界を楽しめる
(2)風景写真も撮影することができる
(3)軽いため持ち運びに困らない
(4)値段が安くてコスパが良い

それぞれ、順番に紹介していきます。

(1)被写体に寄って撮影できるため、マクロの世界を楽しめる

SEL30M35はマクロ撮影ができるおすすめレンズ

SEL30M35は、被写体に寄って、小さなマクロ世界をファインダー越しに切り取ることができます。

SEL30M35の最短撮影距離は、0.095mであるため、被写体にグーッと寄ることができるのです。

被写体に撮影ができることで、葉っぱの水滴まで鮮明に撮影することができます。

ここまで寄った撮影は、他のレンズではなかなか出来ないため、SEL30M35ならではの良い点といえます。

(2)風景写真も撮影することができる

SEL30M35は風景撮影ができるおすすめレンズ

SEL30M35は、マクロ撮影のみでなく風景写真を撮影する時のレンズとしても使用することができます。

従来のマクロレンズは、被写体に寄って撮影する機能しか備わっていないものがあります。

しかし、SEM30M35は、マクロ機能を備わっている単焦点レンズです。

マクロ撮影のみでなく、風景・ポートレートなどの撮影にも対応できる点は、SEL30M35ならではの良い点です。

(3)軽いため持ち運びに困らない

SEL30M35は軽くておすすめレンズ

SEL30M35は、とても軽いため、持ち運びに困らないレンズです。

SEL30M35の重さは、約138gになります。

僕が持っているミラーレスカメラa6000の重さが、344gであるため、

a6000にSEL30M35を装着すると482gになり重さ1kgにすらなりません。

レンズが望遠レンズになると、重さが650~700gほどになるため、カメラに装着すると1kgを越えて結構な重さです。

そのため、SEL30M35は、カメラに装着してもあまり重くならず、持ち運びに困らないおすすめレンズです。

(4)値段が安くてコスパが良い

SEL30M35はコスパが良いおすすめレンズ

SEL30M35は、他のレンズと比べると安くの値段で購入することができます。

他のeマウントレンズの単焦点レンズは、40,000円~150,000円ほどの値段がします。

値段が高い分、性能にも優れているのですが、手軽に手を出せる値段ではないんですよね。

しかし、SEL30M35は、ネットで購入すると23,000円ほどの値段で購入できます。

SEL30M35は、他のレンズと比べて値段が出しやすい値段でありコスパが良いため

eマウントレンズに迷われている方におすすめの1本といえます。

SEL30M35のちょっと残念なところ

良い点とは逆に、SEL30M35にはちょっと残念な点も2点感じました。

(1)最小のf値が3.8であるため、やや暗い
(2)シルバー色であるため、カメラがブラック色だと合わせにくい

個人的に感じた点ですが、それぞれ紹介します。

(1)最小のf値が3.8であるため写りがやや暗い

SEL30M35は、やや写りが暗いところが残念な点のひとつです。

レンズのf値が低ければ低いほど、写りが明るくて周りをボカすことができます。

レンズのf値は、レンズによって1.4~6.3ほどの間で割り当てられているのですが、

SEL30M35のf値は、3.8とやや高めです。

写りが暗い場合は、ISO・シャッタースピードなどを調整すれば良いのですが、少々手間が掛かります。

そのため、SEL30M35は、f値が低いレンズと比べると写りがやや暗くなり、明るく写すためには少々手間が掛かるレンズです。

(2)シルバー色であるため、カメラがブラック色だと合わせにくい

SEL30M35は、シルバー色のみの販売であるため、カメラの色がブラック色だと合わせにくく感じます

他のeマウントレンズは、同じ性能のレンズでもシルバー色・ブラック色と色展開がされています。

しかし、SEL30M35の色展開に関しては、シルバー1色です。

a6000シリーズのカメラは、シルバー色・ホワイト色・ブラック色の3色展開であるため、

所有しているカメラが、シルバー色・ホワイト色であればSEL30M35と合わせやすいでしょう。

しかし、所有しているカメラがブラックだと、シルバー色のレンズが浮いてしまう点が、個人的に残念な点でした。

SEL30M35で撮影した作例

それでは、実際にa6000にSEL30M35を付けて撮影した作例を紹介します。

 

SEL30M35のマクロ撮影レビュー
ハチの細部までくっきりとマクロ撮影できました。
(f値:3.5 シャッタースピード:1/60s ISO:400)

 

SEL30M35のマクロ撮影
ロードバイクのエンブレムにピントを合わせてみました。良い感じのボケ感です。

(f値:4.5 シャッタースピード:1/250s ISO:100)

 

 

SEL30M35の夕日撮影
三脚を立てて夕日を撮影しました。
(f値:8 シャッタースピード:1/500s ISO:100)

 

SEL30M35で長時間露光の夜景撮影
三脚を立てて長時間露光で大阪の夜景を撮影しました。 (f値:8 シャッタースピード:1/30s ISO:100)

SEL30M35のフィルター径は49mm

SEL30M35のフィルター径は、49mmです。

レンズを購入した場合、レンズを保護したり撮影に変化を与えるフィルターを一緒に購入しておくと便利です。

僕がSEL30M35と一緒に購入したフィルターを、

(1)保護フィルター
(2)NDフィルター

の順番で紹介します。

レンズを傷やホコリから守る保護フィルター

様々なメーカーのフィルターを購入しましたが、結局Kenkoの保護フィルターに落ち着きました。

他のメーカーの保護フィルターは、チリ・ホコリなどがフィルターを通って入ってきてしまいました。

Kenkoの保護フィルターは、安心の日本製で他のカメラマンからの評判が良いため、保護フィルターに迷った時におすすめです。

Kenko 49mm レンズフィルター PRO1D プロテクター

レンズに入る光の量を減らすNDフィルター

NDフィルターは、レンズに入る光の量を減らして撮影ができるアイテムです。

眩しさを抑えるためにかけるサングラスのようなものですね。

例えば、NDフィルターをレンズに装着し、シャッタースピードを遅めにしてスローシャッターで撮影すると、水流を滑らかに撮ることができます。

SEL30M35にNDフィルターを装着してスローシャッター
(f値:22 シャッタースピード:1/1s ISO:100)

KenkoのNDフィルターは、写真表現の幅を広げるアイテムなので、

スローシャッターに興味がある方にはおすすめです。

Kenko カメラ用フィルター PRO1D プロND8 (W) 49mm

SEL30M35でのマクロ撮影にあると便利な三脚

SEL30M35におすすめの三脚Manfrotto

SEL30M35におすすめの三脚がManfrottoのミニ三脚です。

マクロ撮影でピントを合わせる撮影や、長時間露光による夜景撮影・スローシャッターなどを行う場合、

シャッターを切るスピードが遅くなるため、カメラを手持ちで撮影するとブレてしまいます。

そのため、それらの撮影を行う時に手ブレを発生させないために必要なのが三脚です。

三脚にも様々な種類がありますが、SEL30M35でマクロ撮影を行う時は、Manfrottoのミニ三脚がピッタリでした。

Manfrottoのミニ三脚は、高さがある三脚ではないため、花をマクロ撮影する時にちょうど良い高さです。

また、他の三脚のように組み立てる必要性がなく、バッグにスッポリ入って携帯性にも優れています。

SEL30M35のマクロ撮影や、長時間露光による夜景撮影を考えている方は、Manfrottoのミニ三脚をおすすめします。

Manfrotto ミニ三脚

まとめ

今回の記事は、eマウントのレンズで迷われている方に向けてSEL30M35をおすすめさせていただきました。

初めて購入したSEL30M35は、購入してから2年経った今でもヘビロテしています。

どのeマウントのレンズにしようか迷われている方は、ぜひ今回の記事を参考にされてくださいね。

今回紹介した商品